スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My imagination went wild

ちょっと想像(妄想)がいき過ぎたお話。

数ヶ月前に、パリのマレ地区にある古着屋さんに行きました。
そこは友人のお気に入りで、ワンピースのほとんどが20ユーロというお店です。
わたしも20ユーロのワンピースを買いました。
20's後半から30's前半のスタイル。
ネイビーのサテンでてろんとしたシルクっぽい素材。
イメージ的には
illustration 1925
左から2番目の女性のワンピース。
あくまでイメージですが、こんな感じ。

でも、なんと言っても20ユーロなので、
このスタイルをまねして、ナイロンとかレーヨンで最近作った物だろうと思っていました。

ところが先日、この服を見たヴィンテージ研究家が、
「すごくいいね!early 30'sの服だと思うし、わたしにはシルクに見える」と。
あなたがそう言うならわたしもそうだと信じます・・!

すごく作りがしっかりしているし、細部のデザインまでこだわってあるし、
レーベルとか何もついていなくて確実に手作りのもの。
さらに、ちょうど『Coco Before Chanel』を見たばかりの彼女が一言、
「シャネルが昔着てたみたいなワンピースだねー」と言ったのもだから、
もしかしてシャネルがサンプル用とかに密かに手作りした物なんじゃ・・
フランスで買ったし・・
などと考えたりしてはしゃいでしまいました。

ま、そんな妄想もヴィンテージだからこそできること。
あり得ない・・いや、もしかしたらあり得るかもしれない・・!
とこれからも楽しんでいきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Tomoko

Author:Tomoko
Lucy and Matilda
バイヤー兼デザイナー。

古いものが大好き。
アンティーク、ヴィンテージ
について日々勉強中です。。

オフィシャルHPにて
イギリス、ヨーロッパの古いもの
古いパーツを使った
オリジナルアクセサリーを
ご覧頂けます。
ぜひ遊びにいらしてください!

(下にリンクあります)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセス数
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。