A Musical Clock


ウィリアム カーペンターによる時計、1780年ごろ。
Clock by William Carpenter, c1780

この時計はなんと、
ゆっくりなダンス2つ、早いダンス2つ、歌が1つ、行進曲1つ、
の計6つの音楽を奏でることができるように作られました。

This clock offered a choice of six tunes -
two dances, two jigs, a song and a march.

ロンドンのVIctoria and Albert Museumにありますが、
こちらでこの時計が音楽を奏でる映像をご覧いただけますよ。

http://www.vam.ac.uk/content/videos/m/musical-automaton-clock/

This in Victoria and Albert Museum in London but
you can view the video of it playing one of its tunes.

Musical Clockについて、少し…

18世紀後半、
豪華な装飾を施されたミュージカル クロック
(時計の中にオルガンや調律したベルを組み込んで時報の音楽を演奏する音楽入り時計)が、
イギリスやフランスでたくさん作られるようになりました。
これらは主にトルコや中国、インドで需要がありました。

Musical clocks were particularly admired in late 18c,
and were made in Europe for the Eastern market such as Turkey, China and India.
スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tomoko

Author:Tomoko
Lucy and Matilda
バイヤー兼デザイナー。

古いものが大好き。
アンティーク、ヴィンテージ
について日々勉強中です。。

オフィシャルHPにて
イギリス、ヨーロッパの古いもの
古いパーツを使った
オリジナルアクセサリーを
ご覧頂けます。
ぜひ遊びにいらしてください!

(下にリンクあります)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセス数
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード