スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストニア・タリン旅行2

info: Matildaの作品をiichiさんcreemaさん にて出品始めました!

++++++++

さて二日目、操り人形博物館へ。
人形劇場に併設されています。

IMG_3847.jpg

世界の操り人形を集めた部屋は迫力。
人形作りの工房もあり、
職人の手作業が見られます。

IMG_3915.jpg

それではお城や展望台のある、
トームペア(Toompea)という丘へ。

IMG_3872.jpg

展望台からの眺め。
よく見るタリンの景色、
雪がつもってるバージョン。

IMG_3876.jpg

高級感のある街並み。

IMG_3878.jpg

遠くに見えるのは
アレクサンドル・ネフスキー聖堂。
1901年に支配者の帝政ロシアにより
建てられたロシア正教教会。
街並みとはあまり調和していませんが
沢山の人が真摯にお祈りしていました。
帝政ロシアとソ連による長い支配。
その名残とも言えるこの聖堂。
そこには複雑な心境もあるそうです。

IMG_3883.jpg

しばらく進むと、、

IMG_3880.jpg

大聖堂が。
1219年にデンマーク人が建設。
1684年に大火災により一度消失。
約100年かけて現在の教会が再建。
教会であると同時に”墓所”でもあります。

IMG_3886.jpg

トームペア城(裏側)と
のっぽのヘルマンと呼ばれる塔。
13世紀前半に建てられた騎士団の城。
支配者が変わるたびに改築され、
今の姿になったのは18世紀後半。
政府の一部と国の議会が城内にあり、
お城というより宮殿に近い外観。
塔は15世紀当時の姿を留めています。
このお城の目の前に
先ほどのロシア正教協会があり、
その事もまた複雑な心境を生み出しているようです。



スポンサーサイト

テーマ : 異文化を楽しむ!
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tomoko

Author:Tomoko
Lucy and Matilda
バイヤー兼デザイナー。

古いものが大好き。
アンティーク、ヴィンテージ
について日々勉強中です。。

オフィシャルHPにて
イギリス、ヨーロッパの古いもの
古いパーツを使った
オリジナルアクセサリーを
ご覧頂けます。
ぜひ遊びにいらしてください!

(下にリンクあります)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセス数
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。