フラワープリントはお好き?1930年代

floral 30's 09


1930年代になるとファッション産業が盛んになります。
フラワープリントは、20年代後半から
フランスのクチュールで見られるようにはなりましたが、
繰り返し使われるようになったのは30年代に入ってからになります。
するとフランス、イギリスのファッション雑誌で取り上げられ、
クチュールの影響を大きく受ける百貨店や
ヴォーグ・パターン・サービスといった型紙を出版している会社でも
フラワープリントが取り入れられるようになりました。
floral 30's 07
1933年、Vogue

floral 30's 05
30年代中頃

レジャーもさらに発達します。
有給休暇制度が広く取り入れられるようになり、
さらに多くの人々が休暇を楽しむようになりました。

「休暇」=働く毎日からの「逃避」ということで、
フラワープリントはいつもと違う自分を演出できる、
フォーマルできちんとした服じゃなくていいけどちょっとしたお出かけにぴったり、
海や田舎など自然の中に行くのに同じ"自然"がちょうどいい、
というような理由から若い女性も年配の女性も、
どんなレジャー用にもフラワープリントを選ぶようになります。

floral 30's 04
floral 30's 01
1933年、休暇を楽しむ女性たち。

floral 30's 02
30年代中頃、バスツアー。

30年代のフラワープリントたち。

floral 30's 06
30年代後半、シルクのイブニングドレス

floral 30's 08
30年代中頃、ポリエステルとナイロンミックスのイブニングドレス

floral 30's 03
30年代中頃、スコットランドの結婚式。
家族・親戚で集まったり、フォーマルな場でも
フラワープリントが着られるようになります。

floral 30's 10
1937年 Vogue シャネルのデザイン。

30年代のフラワープリントは、
大きめの、抽象的なお花が全体的に敷きつめられていたり、
逆に小さいかわいらしいお花が広い等間隔で描かれていたりします。
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tomoko

Author:Tomoko
Lucy and Matilda
バイヤー兼デザイナー。

古いものが大好き。
アンティーク、ヴィンテージ
について日々勉強中です。。

オフィシャルHPにて
イギリス、ヨーロッパの古いもの
古いパーツを使った
オリジナルアクセサリーを
ご覧頂けます。
ぜひ遊びにいらしてください!

(下にリンクあります)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセス数
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード