スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raphael Tuck & Sons

raphael tuck 7


ヴィクトリアン・エドワーディアン時代の、最も名の知れたプリント業者のひとつ、
Raphael Tuck & Sons。

ラファエル・タックは1865年にプロイセンからロンドンに渡り、
翌年1866年に小さなお店を出しました。
当初は絵画やクロモリトグラフ(色刷石版印刷、リトグラフを色重ねにしたカラー印刷)
の販売やフレーミングをしていました。

1870年にラファエルの3人の息子が加わり事業を拡大し始め、
1871年にはじめてクリスマス・ニューイヤーカードを作りました。

raphael tuck 7
1870年代の広告

*この頃のカードはまだポストカードではありません。
イギリスのプリント業者は、1894年に
郵便で送ることのできるポストカードの生産をロイヤルメールより認められ、
1899年にユニバーサル・ポスタル・ユニオン規格のポストカード
(5.5インチ×3.5インチ)の生産が認められます。
それまでのカードは多種多様な大きさ、形をしています。

raphael tuck 1
年代不明

Raphael Tuck & Sonsは、新しい才能を見つけるため、
そしてデザインのバラエティーを増やすため、
アーティストのコンペティションを開催していたようですが、
特に1880年に開かれたものはたくさんの応募者があり、かなりの規模だったようです。

raphael tuck 3
1885年?Artistic Series 2085

1881年にラファエルは引退し、息子の一人、アドルフが会社を会社を引き継ぎます。
このころ、その後なじみ深いものとなる、このトレードマークが使われるようになりました。
raphael tuck 4

1893年にRaphael Tuck & Sonsはヴィクトリア女王により王室御用達の称号を手にします。
そしてヴィクトリア女王亡き後も、王室にカードを作り続けました。

アドルフは1900年に、コレクターを対象とした
Raphael Tuck & Sonsのカードのコレクティングコンペティションを開催します。
これも話題になったようで、その後も何度か開催されました。
コレクターをターゲットにした"limited edition"カードを発売するなど、
アドルフはやり手のビジネスマンだったようです。

raphael tuck 2
年代不明Artistic Series 2108

1904年には、発売したカードのデザインは15,000点以上にのぼるそうで、
アドルフ・タックは第一次世界大戦前のポストカードブームを先導しました。

Raphael Tuck & Sonsは第2次世界大戦後も事業を続けますが、
1960年代にPurnell & Sonsに吸収されることとなります。

大戦中の1940年12月、拠点であったラファエルの家が空襲により破壊され、
初期のレコードがなくなってしまうという悲しい出来事がありました。
しかしRaphael Tuck & Sonsのカードは世界中にひろまっているので、
いまでもそのハイクオリティーなカードを楽しむことができるんですね。

スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tomoko

Author:Tomoko
Lucy and Matilda
バイヤー兼デザイナー。

古いものが大好き。
アンティーク、ヴィンテージ
について日々勉強中です。。

オフィシャルHPにて
イギリス、ヨーロッパの古いもの
古いパーツを使った
オリジナルアクセサリーを
ご覧頂けます。
ぜひ遊びにいらしてください!

(下にリンクあります)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセス数
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。